1. 感染予防について

 本校は医療専門職の養成を目的とした教育機関であり、医療機関等での実習があります。そのため学生は、一般の人に比べて様々な感染症にさらされる機会が多くなります。また、感染していても自覚症状がない潜伏期に実習をすると、免疫力の低下した患者様へ感染させる危険性があり、健康な方では数日で治る病気でも、高齢者や抵抗力の落ちた状態の人々にとっては、命取りになる可能性もあります。そのため実習先の病院・施設からは、学生自身が感染することを防ぐだけでなく、患者様やそのご家族等へ感染させることを防ぐ目的として、感染を防ぐ十分な抗体があることが実習を受け入れる条件として求められています。
 そこで本校では、学生自身が感染症から身を守るとともに、院内感染の運び屋にならないために、日本環境感染学会「医療関係者のためのワクチンガイドライン第 3 版」に基づき、「麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎・B型肝炎」抗体検査の実施、それに基づくワクチン接種を行っています。

2. 学校保健安全法に定める感染症について

 学校保健安全法及び学校保健安全法施行規則に定められたインフルエンザ等感染症に罹患した場合は、周囲への感染拡大を防ぐため出席停止となり、医師の許可を得てから登校することになっています。対象となる感染症に罹患した場合、又はその疑いがある場合は登校せず、以下のとおり対応してください。


① 感染症に罹ったり、又は疑いがある場合は登校せず、教務へ電話で連絡を入れ、速やかに医療機関を受診する。
② 感染症と診断されたら、すぐに教務へ電話で連絡する。
③ 医師の指示に従い、登校の許可が出るまでは自宅療養する。
④ 登校許可証明書に、登校が許可されたことを医師に記入してもらう(登校禁止期間が明記されていれば、医療機関発行の様式でも可)。
⑤ 登校した際には、ただちに登校許可証明書を教務へ提出し、許可を得てから教室へ入室する。
※学校保健安全法に定められた感染症で欠席した場合は、公認欠席扱いとなります(登校許可証明書の提出が必要)。

学校保健安全法施行規則第18条に規定される感染症

3. 新型コロナウイルス感染症について

 本校では、新型コロナウイルス感染拡大防止の徹底を行い、対面授業を中心としながらオンライン授業も組み合わせて教育活動を行っていきます。医療専門職者を目指す学生の皆さんも、引き続き、感染予防の意識を高く持って対策に取り組んでください。なお、感染症対策の詳細については、本校の「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」を確認してください。

神戸総合医療専門学校新型コロナウイルス感染防止ガイドライン第6版

4. カウンセリングの申し込みについて

カウンセリングの申し込みについては、こちらをご覧ください

5. 奨学金について

日本学生支援機構

返還が必要な貸与奨学金と、返還不要の給付奨学金があります。
募集は例年4月と10月に行いますが、家計状況の急変により緊急に奨学金を必要とする場合は家計急変採用(給付)
または緊急採用(無利子貸与)、応急採用(有利子貸与)に申し込める場合があるので、学生支援係に相談してください。

 ●日本学生支援機構Webサイト

 ┣奨学金案内(大学・短期大学・専修学校専門課程)

 ┣奨学金案内(緊急・応急採用 貸与奨学金)

 ┣奨学金案内(家計急変 給付奨学金)

  進学資金シュミレーター

<在籍報告> 給付奨学金のみ

給付奨学生は毎年3回(4月・7月・10月),Web入力により日本学生支援機構へ在籍報告を行う必要があります。
提出(入力)にはスカラネット・パーソナル(スカラPS)を使用します。

●提出方法
① 「『在籍報告(兼通学形態変更届)』の提出(入力)手続き」で手続きの流れを確認のうえ入力準備用紙に下書きする。
② スカラネット・パーソナル(スカラPS)にログインし在籍報告を提出(入力)する。
※スカラPS未登録者は先に新規登録する。スカラPSの登録方法  
③ 提出(入力)が完了すると受付番号が表示されるので、入力準備用紙にメモしておく。
④ (該当者のみ通学形態変更届兼自宅外証明書送付状(給付様式35提出書類を学生支援係に提出する。
※「自宅通学」から「自宅外通学」に変更する場合、この様式にアパートの契約書や入寮許可書のコピーを添付して提出してください。

※一度入力を完了すると、スカラPSからは内容の修正や再報告(再入力)を行うことができません。修正が必要な場合は、学生支援係に連絡してください。

                        
<継続願の提出と適格認定について>

来年度も引き続き、日本学生支援機構(JASSO)奨学金の貸与・給付を希望する場合、期限までに「継続願」を提出する必要があります。 「継続願」の提出がない場合、来年度の奨学金の振込が止まりますので、忘れずに継続手続きをしてください。

継続願提出の流れ

  1. スカラネット・パーソナルに登録(未登録者のみ)スカラPSの登録方法 
  2. スカラネット・パーソナルから「貸与額通知」「給付額通知」の内容確認
  3. 「入力準備用紙」に回答の下書き 
  4. スカラネット・パーソナルから「継続願」提出(入力)
  5. 「授業料減免継続申請書(A様式2)」の提出(該当者:給付奨学金受給者)

スカラネットパーソナル入力期間 : 2022年12月15日(木曜日)から2023年1月10日(火曜日)【期限厳守】各自で入力を完了してください(12/29~1/3の間は入力不可)

【提出書類】

①『奨学金継続願』入力準備用紙(受付番号を必ず記入)

②『大学等における修学の支援に関する法律による授業料減免の対象者の認定の継続に関する申請書』(A様式2)(該当者のみ給付奨学金)

  • 対象者には、現住所に手続きに必要な書類を郵送しています。(12月6日発送)

「継続願」提出期限:2023年1月13日(金曜日)17:00まで【期限厳守】 事務局 学生支援係に提出

〘貸与奨学金〙

(1)対象者

  1. 現在、貸与奨学金の振込がある方(2023年3月に満期を迎える方は除きます)
  2. 給付奨学金との併給調整により、第一種奨学金の貸与月額が0円となっている方 (振込がなくても継続願提出は必要です)
  • 継続を希望しない場合は、学生支援係に申し出た上で、「奨学金を希望しない」ことを入力し「継続願」を提出してください。
  • 現在、休止・停止中の方は継続願の提出対象外です。
  • 第一種奨学金、第二種奨学金の併用貸与者はそれぞれの奨学生番号で提出が必要です。
(2)入力時の注意点

 ① 来年度に奨学金を必要としない方も、必ず「奨学金を希望しない」の入力をしてください。(貸与奨学金)
 ② 奨学金を「辞退」した場合、入力期間経過後の取消はできませんので、入力は慎重に行ってください。
 ③ 誤入力を防ぐため、入力前に必ず上記「入力準備用紙」を印刷・記入し、入力は準備用紙を参照しながら
   行ってください。
 ④ 入力は奨学生番号ごとに行ってください。「第一種奨学金+第二種奨学金+給付奨学金」を利用している
   場合は、3回の入力が必要です。
 ⑤入力項目の「H-経済状況」生計維持者の収入を入力する欄について
   収入証明書は直近の源泉徴収票又は確定申告書を使用してください。
 ⑥ 入力後、受付番号が表示されますので,必ず印刷もしくは画像データで保存してください。受付番号が表
   示されない場合、奨学金継続願の提出(入力)が正常に行えていません。また、入力が完了している場
   合、スカラネット・パーソナルの「奨学金継続願提出画面」の奨学生番号の表示が暗くなり、横に(提出
   済み)と表示されます。
 ⑦ 奨学金の「継続」を願い出ても,修得単位数の不足や成績不振による留年、卒業期の延期などの事由があ
   ると奨学金が「廃止」「停止」となる場合があります。

【その他】

辞退希望者で以下の内容の変更を希望する場合は、2023年1月13日(金曜日)までに申し出てください。

  • 第一種貸与奨学金「返還方式」の変更(所得連動返還方式、定額返還方式)
  • 第二種貸与奨学金「利率の算定方法」の変更(利率固定方式、利率見直し方式)

給付奨学金〙       

(1)対象者 

1.現在、給付奨学金の振込がある方(2023年3月に給付終了となる方、2022年11月以降に奨学生として採用された方は除きます)

  • 翌年度給付奨学金の継続を希望しない場合もスカラネット・パーソナルでの手続きが必要です。
  • 現在、休止中の方は継続願の提出対象外です。
【適格認定について】

「継続願」提出後、学業成績等に基づき、来年度の奨学金継続の可否を判断する「適格認定」を行います。 全員必ず、「廃止」・「警告」・「継続」のいずれかの区分に認定され、区分に応じた処置がなされます。

お電話でのお問い合わせ078-795-8000受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

Webページからのお問い合わせ