1. 新型コロナウイルス感染症について(2020年2月25日配信)

新型コロナウイルス感染症は2020年2月1日に政令により「指定感染症」及び「検疫感染症」に指定され、
学校保健安全法施行規則が規定する「第一種感染症」とされました。

今後の感染拡大も懸念されています。学生の皆さんは、以下の内容を確認し、一人ひとりが出来る感染症対策に努めてください。

(1) 感染予防・感染拡大防止への対応について

  • 咳エチケット・マスクの着用・手洗い・うがい・アルコール消毒等の感染症対策に努めてください。
  • 発熱があり感染が疑われる場合は、登校せず体調不良時の適切な対応をしてください。

(2) 感染が疑われる場合について

次の症状がある場合は「帰国者・接触者相談センター」に相談してください。

<相談の目安>

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
    (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
    ※高齢者や基礎疾患等のある方は、上の状態が2日程度続く場合センターで相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いのある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介しています。マスクを着用し、公共交通機関の利用を避けて受診してください。

「帰国者・接触者相談センター」はすべての都道府県で設置しています。詳しくは、以下のURLまたはQRコードから確認することが出来ます。

厚生労働省新型コロナウィルス感染症情報の
LINE公式アカウント
https://lin.ee/qZZIxWA

≪新型コロナウイルスに関する帰国者・接触者相談センター≫
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

≪新型コロナウイルス感染症についての相談受診の目安≫
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000596905.pdf

≪兵庫県新型コロナウイルス感染症に関する相談窓口≫
https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf16/singatakorona.html

(3) 感染症に罹患した場合の対応について

新型コロナウィルス感染症は学校保健安全法に定める第一種感染症となりました。当該感染症に罹患した学生・教職員は治癒するまで出席あるいは出勤が停止となります。罹患した場合は、速やかに学科へ電話連絡を行い、指示に従ってください。
(学生便覧P26参照)

(4) 海外への渡航について

  • 中国全土への不要不急の渡航は止めてください。
  • 新型コロナウィルス感染地域への渡航は、極力控えてください。
  • 不要不急の海外旅行は、控えてください。

※延期・中止ができない場合は、外務省の海外安全情報に留意し、十分な安全を確保してください。

なお、今後、対応を変更する場合は追って掲載します。ご注意ください。
引き続き咳エチケットや手洗い・うがい・アルコール消毒等、感染予防につとめ、各省および各自治体の更新情報を随時確認するようお願いします。

◆厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

◆外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/

◆文部科学省ホームページ
https://www.mext.go.jp/a_menu/coronavirus/index.html

2. 暴風警報等発表時及び交通機関の運休時の授業の取扱い

警報発表時・交通機関の運休時の対応については、こちらをご覧ください

3. 感染症に罹患したときの取扱い(又はその疑いがある場合)

登校については、こちらをご覧ください

4. カウンセリングの申し込みについて

カウンセリングの申し込みについては、こちらをご覧ください

在校生の方へ

お電話でのお問い合わせ078-795-8000受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

Webページからのお問い合わせ