1. 感染予防について

 本校は医療専門職の養成を目的とした教育機関であり、医療機関等での実習があります。そのため学生は、一般の人に比べて様々な感染症にさらされる機会が多くなります。また、感染していても自覚症状がない潜伏期に実習をすると、免疫力の低下した患者様へ感染させる危険性があり、健康な方では数日で治る病気でも、高齢者や抵抗力の落ちた状態の人々にとっては、命取りになる可能性もあります。そのため実習先の病院・施設からは、学生自身が感染することを防ぐだけでなく、患者様やそのご家族等へ感染させることを防ぐ目的として、感染を防ぐ十分な抗体があることが実習を受け入れる条件として求められています。
 そこで本校では、学生自身が感染症から身を守るとともに、院内感染の運び屋にならないために、日本環境感染学会「医療関係者のためのワクチンガイドライン第 3 版」に基づき、「麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎・B型肝炎」抗体検査の実施、それに基づくワクチン接種を行っています。

2. 学校保健安全法に定める感染症について

 学校保健安全法及び学校保健安全法施行規則に定められたインフルエンザ等感染症に罹患した場合は、周囲への感染拡大を防ぐため出席停止となり、医師の許可を得てから登校することになっています。対象となる感染症に罹患した場合、又はその疑いがある場合は登校せず、以下のとおり対応してください。


① 感染症に罹ったり、又は疑いがある場合は登校せず、教務へ電話で連絡を入れ、速やかに医療機関を受診する。
② 感染症と診断されたら、すぐに教務へ電話で連絡する。
③ 医師の指示に従い、登校の許可が出るまでは自宅療養する。
④ 登校許可証明書に、登校が許可されたことを医師に記入してもらう(登校禁止期間が明記されていれば、医療機関発行の様式でも可)。
⑤ 登校した際には、ただちに登校許可証明書を教務へ提出し、許可を得てから教室へ入室する。
※学校保健安全法に定められた感染症で欠席した場合は、公認欠席扱いとなります(登校許可証明書の提出が必要)。

学校保健安全法施行規則第18条に規定される感染症

3. 新型コロナウイルス感染症について

 本校では、新型コロナウイルス感染拡大防止の徹底を行い、対面授業を中心としながらオンライン授業も組み合わせて教育活動を行っていきます。医療専門職者を目指す学生の皆さんも、引き続き、感染予防の意識を高く持って対策に取り組んでください。なお、感染症対策の詳細については、本校の「新型コロナウイルス感染防止ガイドライン」を確認してください。

神戸総合医療専門学校新型コロナウイルス感染防止ガイドライン第3版

4. カウンセリングの申し込みについて

カウンセリングの申し込みについては、こちらをご覧ください

お電話でのお問い合わせ078-795-8000受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

Webページからのお問い合わせ