臨床工学専攻科
全国で最も歴史ある臨床工学技士養成学科の1つ [厚生労働大臣指定科目履修者対象]
臨床工学専攻科は、医療・工学系大学・短大の既卒者、看護師、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士などの有資格者、または医療機器メーカーや医療現場での必要性から専門知識・技術の修得が目標である人を対象としています。臨床工学技士は、医療従事者としての「豊かな人間性」と「工学と医学」の基礎知識を備えた幅広い視野と創造性を持ち、自由な発想で、医療を進歩・改革させる「工学者」でもあります。臨床工学技士に期待される領域は、今後も医療技術の発展に伴い拡大することが予想されます。物事の本質を見極め、原因・過程の追究、その後の展開をイメージし、それを工学的手法で具体化できる能力が必要とされています。

■取得資格:臨床工学技士国家試験受験資格 
■目標資格:第1種・2種ME技術実力検定


本校 臨床工学専攻科は「専門実践教育訓練給付金制度厚生労働大臣指定講座」の指定申請中です。詳しくはこちらへ

臨床工学技士の仕事内容

装置の操作、保守、点検を行う、医療機器のスペシャリストの仕事は多岐にわたります。

[人工透析]

機能が低下した腎臓に代わり血液中の老廃物や余剰水分を除去し、患者さんのQOL※を向上させます。
※ quality of life(生活の質)

[人工呼吸療法]

呼吸が弱くなった患者さんに人工呼吸装置を装着し、集中治療室などで適切に操作、管理を行います。

[医療機器の管理]

院内の医療機器すべてを保守、点検、管理し、他の医療スタッフに医療機器について指導も行います。

[高気圧酸素治療]

一酸化炭素中毒や潜水病などの病気になった患者さんに、圧力の高い部屋での治療を行います。

[人工心肺]

心臓外科手術で一時的に心臓を止める際、心臓と肺の代行をする人工心肺装置を組み立て操作します。

[心臓カテーテル検査室]

心筋梗塞や狭心症の疑いのある患者さんの心臓を、カテーテル(細いチューブ)と呼ばれる医療機器を用いて検査します。

[心臓ペースメーカー業務]

心臓ペースメーカーの埋め込み手術に立会い、術後も定期的にメンテナンス。医師に状態を伝えます。

[手術室での仕事]

手術中は、生命を維持・管理する医療機器を操作。使用前後には必ず装置の保守、点検を行います。

神戸総合医療専門学校 臨床工学専攻科だからこその4つの強み!

視野と可能性を広げる!

すでに医療現場で活躍している方や医療系、工学系の大学・短大の既卒者などを対象にしている本学科では、1年間で臨床工学技士国家試験受験資格を得ることができます。医療現場での更なる視野の拡大と新しい可能性を支援します。
強み1

現場と同じ設備や機器が並ぶ!

医療現場をリアルに再現するため、設備や機器は全て現場と同じものを用意。学内の実習がより実践的になり、機器の構造、操作までプロと同様の知識と技術を身につけることができます。
強み2

優秀な医療人を育成!

常に実践を意識した講義や、学生同士が切磋琢磨できる環境により、1年間という短期間で優れた人材の育成が可能です。
強み3

高い就職率!

本学科の臨床工学技士国家試験の合格率は、例年、全国平均を大きく上回っています。また卒業生が医療現場で数多くの実績を残していることから、求人も豊富です。
強み4

教師からのメッセージ

教務主任 遠藤 宏和
医療における機器の数および種類は膨大にあり、また事故も多いです。臨床工学技士はまだ知名度が低いものの、医療機器を操作・管理できる専門職として、ニーズは非常に高まっています。これからも医療は機器とともに発展していきます。それを支えるのが、これからの皆さんです。出来る出来ないではなく、常に“最善を尽くせる”臨床工学技士になるよう一緒に頑張りましょう。

臨床工学専攻科 教育主幹  遠藤 宏和

授業紹介

電気・電子工学演習

サンプル画像1
はじめて機械に触れる学生も多いので、機器の扱い方や構造、特性を学び、機械を正しく安全に使用できる技術を習得するとともに、管理方法などについても理解を深めるようにします。

生体計測装置学演習

サンプル画像2
心電図や脳波計、心臓超音波エコーなど検査機器について機器の特性や操作法、安全管理などを学びます。さまざまな検査結果から治療や機器の選択に関連付けができるように理解を深めていきます。

医用治療機器学演習

サンプル画像1
電気メスや除細動器など、取り扱いに危険を伴う機器における操作・管理方法を習得します。また、ほかの医療従事者が使用する場合の対応や、患者さんへの影響についても学びます。

生体機能代行装置学演習

サンプル画像2
人工呼吸器・人工心肺・人工透析などの心臓や肺、腎臓といった人の生命に代わる機器について、学内での実習を通して、管理・操作方法・患者管理まで学び、現場で必要な技術を身につけます。

学びのステップ[カリキュラム]

前期

前期は専門基礎分野や専門分野の総復習に力を注ぎます。また、現役の医師や臨床工学技士による講義、学内での実習などを通して、確かな知識を身につけていきます。

後期

後期は10月から約3ヵ月間、総合病院での実習が始まります。実際に患者さんや、現場の空気に触れることで、安全な医療を提供するための知識や心構えを経験を持って学んでいきます。
カリキュラム ※受講年次は変更する場合があります
前期後期
専門基礎分野◆ 臨床薬理学
◆ 電気・電子工学
◆ 医用電子工学概論
◆ 人の構造及び機能
◆ 病理学概論
◆ 臨床検査総論
◆ 基礎医学演習
◆ 医学概論
◆ 臨床生理学
◆ 臨床生化学
◆ 臨床免疫学
◆ 看護学概論
◆ 医用工学概論
◆ 応用数学
◆ 応用物理学
◆ 機械工学
◆ 電気・電子工学演習
◆ 情報生体システム工学
◆ 情報処理工学
◆ 計測工学
◆ 情報処理演習
専門分野◆ 医用機器学概論
◆ 生体物性工学
◆ 材料工学
◆ 医用画像処理工学
◆ 生体計測装置学Ⅰ
◆ 生体計測装置学Ⅱ
◆ 生体計測装置学演習
◆ 医用治療機器学Ⅰ
◆ 医用治療機器学Ⅱ
◆ 医用治療機器学演習
◆ 生体機能代行装置学(代謝)
◆ 生体機能代行装置学(循環)
◆ 生体機能代行装置学(呼吸)
◆ 生体機能代行装置学演習
◆ 腎・泌尿器学
◆ 呼吸器学
◆ 循環器学
◆ 医用機器安全管理学
◆ 医用機器安全管理学演習
◆ 麻酔集中治療医学
◆ 内科学Ⅰ
◆ 内科学Ⅱ
◆ 内科学Ⅲ
◆ 内科学Ⅳ
◆ 外科学
◆ 公衆衛生学
◆ 関係法規
◆ 臨床実習
1年次の時間割(例)
時間MONTUEWEDTHUFRISAT
1
9:00
〜10:30
生体機能代行装置学(呼吸)
臨床薬理学
内科学Ⅰ
医用治療機器学演習
生体機能代行装置学
(循環)
生体機能代行装置学演習
2
10:40
〜12:10
麻酔集中治療医学
内科学Ⅳ
生体機能
代行装置学
(代謝)
生体物性工学
3
13:00
〜14:30
医用画像
処理工学
内科学Ⅲ
生体計測
装置学演習
医用電子工学概論
麻酔集中
治療医学
4
14:40
〜16:10
外科学
循環器学
電気・電子工学
生体計測装置学Ⅰ
5
16:20
〜17:50
生体機能代行装置学演習
腎・泌尿器学
呼吸器学
内科学Ⅱ

学外授業・臨床実習

臨床工学技士の先生や患者さんと直接触れ合うことができる貴重な時間。

学外実習は、色々な機器を使用できるだけでなく、患者さんや臨床工学技士の先生とコミュニケーションをとれる重要な経験となります。患者さんがあなたの顔と名前を覚えてくれていたり、他の医療従事者との連携など、現場だからこそ培われる経験は、必ず将来の役に立ちます。そして、医療機器を扱うスタッフや治療を受ける患者さんに、安心で安全な医療を提供するということはどういうことなのかを実践の場でしっかりと学んでいきましょう。

主な学外実習(臨床実習)先一覧
◆ 神戸大学病院
◆ 兵庫医科大学病院
◆ 加古川中央市民病院
◆ 神戸市立医療センター中央市民病院
◆ 兵庫県立姫路循環器病センター
◆ 兵庫県立尼崎総合医療センター
◆ 西神戸医療センター  他

学外実習スケジュール

後期    9月  学外実習に向けて準備
後期   10月  学外実習開始
後期   12月  学外実習終了


在校生に聞いてみよう!

機器の先にいる患者さんの力になりたい、その想いで多くの学びにチャレンジしています。

臨床工学専攻科は1年間という限られた時間の中で多くの実習があり、学ぶべきこともたくさんあります。そのため、日頃から早めに勉強やレポートに取りかかるようにし、順序よくこなしていけるように計画性を持って行動していかなければいけません。実習では実際に人工呼吸器を操作・装着し、呼吸器をつけている患者さんの気持ちを感じることもできます。その時、自分がどう感じたかを心に深く留めておき、臨床の現場に出た際に活かせていけるように心がけています。

今野 倫子さん
臨床工学専攻科1年

過去5年間の主な就職実績

臨床工学専攻科 求人数 840人  1人あたり求人倍率 約12
※臨床工学科含む臨床工学科・臨床工学専攻科定員合計70人に対し 

● 兵庫県
神戸大学病院(神戸市)
市立医療センター中央市民病院(神戸市)
西神戸医療センター(神戸市)
新須磨病院(神戸市)
神戸協同病院(神戸市)
県立尼崎総合医療センター(尼崎市)
東宝塚さとう病院(宝塚市)
兵庫医科大学病院(西宮市)
高田上谷病院(西宮市)
加古川中央市民病院(加古川市)
高砂市民病院(高砂市)
県立姫路循環器病センター(姫路市)
ツカザキ記念病院(姫路市)
県立淡路医療センター(洲本市)
市立加西病院(加西市)など
● 大阪府
大阪暁明館病院(大阪市)
北野病院(大阪市)
国立循環器病研究センター(吹田市)
大阪府済生会千里病院(吹田市)
井上病院(吹田市)など
● 京都府
京都桂病院(京都市)など
● 滋賀県
草津総合病院(草津市)など
● 愛媛県
住友別子病院(新居浜市)など
● 岡山県
重井医学研究所附属病院(岡山市)
市立井原市民病院(井原市)など
● 広島県
五日市記念病院(広島市)
寺岡記念病院(福山市)
呉共済病院(呉市)など
● 鳥取県
鳥取医療センター(鳥取市)
さとに田園クリニック(鳥取市)など
● 山口県
山口赤十字病院(山口市)など
● 福岡県
福岡徳洲会病院(春日市)
聖マリア病院(久留米市)など
● 鹿児島県
県民健康プラザ鹿屋医療センター(鹿屋市)
県立薩南病院(南さつま市)など
● 愛知県
市立東部医療センター(名古屋市)
成田記念病院(豊橋市)
名古屋徳洲会総合病院(春日井市)など
● 富山県
富山赤十字病院(富山市)など
● 茨城県
筑波大学病院(つくば市)など
資料請求
オープンキャンパス
平日学校見学
交通アクセス