MENU
豊富な知識と高い技術で「話す・聞く・食べる」にアプローチ 言語聴覚士科 2年制/定員25名 〈 専門実践教育訓練対象学科 〉4年制大学卒業(見込)者対象

4つのポイント

  1. POINT01

    即戦力
    人材育成

    母体が病院ということもあり、病院との連携を活かした実践重視のカリキュラムを組んでいます。病院や施設などでの学びに恵まれているため、医療現場が求める人材へと成長することができます。

  2. POINT02

    バラエティー豊かな
    実習で幅広い対応力を修得

    医療機関や介護老人保健施設、教育機関や“ことばの相談室”での実習、失語症当事者様との対話会など、多彩な実習を行っています。そのため、幅広い年齢層に対して適切な対応力を身につけることができます。

  3. POINT03

    細部まで行き届いた
    個別指導

    “顔の見える教育”を実践している本学科では、教職員と学生の距離が非常に近くなっています。よって、学生一人ひとりに配慮した、きめ細やかな指導が実現でき、また学生同士も活発に交流できる環境となっています。

  4. POINT04

    高い
    国家試験合格率

    学生への手厚いサポートによって、国家試験合格率は常に全国平均を上回っています。また、多くの卒業生が医療現場で今までに修得した力をいかんなく発揮し、周囲からの信頼を得ています。

\ 言語聴覚士科の2年間 /

  1. 1年次
    前期では生理学や耳鼻咽喉科学などの専門基礎分野を中心に学習し、後期からは聴覚障害や失語症、言語発達障害などの専門分野を学びます。また外部から当事者の方々をお招きして演習を行ったり、10時間の臨床実習も行います。
    POINT

    失語症の方を招いての対話会などを実施。当事者の方々と向き合う実践的な授業の中には、多くの発見があり、貴重な経験ができます。

    POINT

    専門分野について主に学び、小児関連、成人関連両施設での踏みこんだ臨床実習で実践力を養います。

  2. 2年次
    専門分野を中心に学び、後期からは3ヶ月間の臨床実習を実施。小児から成人まで幅広い実習の機会が設けられているのが特徴です。その後、国家試験の合格を目指します。
    POINT

    実習終了後は、国家試験対策のラストスパートです。小児や成人、その他さまざまな分野に特化した教員が、一人ひとりの習熟度に合わせてサポートします。

  3. 卒業時
    2年間で身につけた知識や技術を生かし、公的病院、民間病院、教育機関、児童発達支援センター、児童施設、介護老人保健施設などで活躍することが期待されます。

\ 言語聴覚士科 1年次の1週間 /

(モデルケース)

※授業は変更となる場合があります。

言語聴覚士科

“聴こえ”についての基本的な検査である標準純音聴力検査など種々の聴覚検査の目的や方法、検査結果の解釈について基礎から学習します。また、学生同士で検査を取り合うなどの演習を実施し、実際の機器に降れることにより検査技能を習得していきます。

臨床実習の数々
  • 神戸市立西神戸医療センター
  • 兵庫県立こども病院
  • 医療福祉センターきずな
  • ひょうご子どもと家庭福祉財団
  • 児童発達支援くっく
  • 神戸市立医療センター中央市民病院
  • 兵庫県立尼崎総合医療センター
  • 兵庫県立リハビリテーション中央病院
  • 神戸リハビリテーション病院
  • 萩原みさき病院
  • 吉田病院附属脳血管研究所
  • 栄宏会小野病院
  • 石川病院
  • 新須磨リハビリテーション病院
  • ほか

※本校では、ワクチン接種が実習に参加する条件となっています。入学前の抗体検査で抗体が基準を満たない場合は、ワクチン接種が必要です。

先生×生徒|言語聴覚士科編
CROSS TALK

言語聴覚士科
2年

西脇 和沙さん
(高知県立大学出身)

言語聴覚士科

田中 義之先生

  1. 西脇

    田中先生はユーモアがあってフットワークが軽いので、学科内で結成したソフトボールチームの監督になってほしいと伝えた時も快く引き受けてくださいました。誰よりも楽しそうで、パワフルに動き回っていますよね(笑)。

  2. 田中

    「何事も一生懸命」がモットーだから(笑)。ただ、遊ぶ時は遊ぶ、勉強する時は勉強する。オンとオフの切り替えが大事だと、学生には口が酸っぱくなるほど言い聞かせています。

  3. 西脇

    先生の授業ではグループワークが多く、他者と意見を交わしながら問題を解決することの大切さも教わりました。

  4. 田中

    社会に出れば言語聴覚の面だけでなく、様々なハンディに悩む方と接することになります。専門外のことで壁にぶつかった時は、施設内の医師や看護師、介護士など他職種の人とコミュニケーションを取る、チームアプローチが必要です。だから私は教壇に立つ講義形式ではなく、現場で働いている人を招いたり、学生同士で話し合い結論を導き出すグループワークを取り入れたりしています。

\ 進路状況 /

兵庫県
  • 新須磨病院(神戸市)
  • 神戸平成病院(神戸市)
  • 尼崎だいもつ病院(尼崎市)
  • 協立温泉病院(川西市)
  • 神戸市立医療センター中央市民病院(神戸市)
  • 西記念ポートアイランドリハビリテーション病院(神戸市)
  • 北山学園(西宮市)
  • 第二協立病院(川西市)
  • 神戸リハビリテーション病院(神戸市)
  • 吉田病院(神戸市)
  • 西宮協立リハビリテーション病院(西宮市)
  • 兵庫県立淡路医療センター(洲本市)
  • 兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市)
  • 明石同仁病院(明石市)
  • 西宮すなご医療福祉センター(西宮市)
  • 兵庫県立柏原病院(丹波市)
  • 神戸市立青陽東養護学校(神戸市)
  • 順心病院(明石市)
  • 東神実業株式会社(姫路市)
  • 市立西脇病院(西脇市)
  • 神戸市立たまつ幼稚園(神戸市)
  • 波の家福祉会(明石市)
  • 順心病院(加古川市)
  • ときわ病院(三木市)
  • 恒生病院(神戸市)
  • 兵庫県立尼崎総合医療センター(尼崎市)
  • 松本病院(加古川市)
  • みきやまリハビリテーション病院(三木市)
  • 尼崎市立たじかの園(尼崎市)
  • きずな医療福祉センター(加西市) など
大阪府
  • 大阪市立十三市民病院(大阪市)
  • 大阪YMCA(大阪市)
  • 北野病院(大阪市)
  • 森之宮病院(大阪市)
  • 府中病院(和泉市)
  • 茨木市教育センター(茨木市)
  • 国立循環器病研究センター(吹田市)
  • 千里リハビリテーション病院(箕面市)
  • 八尾総合病院(八尾市)など
京都府
  • 大原記念病院(京都市)など
香川県
  • かがわ総合リハビリテーションセンター(高松市)など
岡山県
  • 旭川荘療育・医療センター(岡山市)
  • 岡山かなりや学園(岡山市)など
愛知県
  • 藤田医科大学病院(豊明市)など
石川県
  • 金沢脳神経外科病院など
長野県
  • 上伊那生協病院(上伊那郡)など
埼玉県
  • 白岡中央総合病院(白岡市)など
PAGE TOP