安心の学費設定・学費サポート

学生のことを考えた学費設定!
ご負担頂く学費は、新須磨病院を母体とするグループ全体の効率的な運営によって、極力抑えるように設定しています。
社会人・大学・短大の学生さん、保護者の方々にとって、学費が足かせにならないように、本校の学費は大学や他の専門学校と比べても低く設定しています。

本校と大学・短大・専門学校の学費総額の比較表 2017年4月神戸総合医療専門学校調べ 

サンプル画像1
※専門学校は本校を抜いた値です。
※専門学校は本校を抜いた値です。
※専門学校は本校を抜いた値です。
※専門学校は本校を抜いた値です。
※専門学校は本校を抜いた値です。
※専門学校は本校を抜いた値です。
※専門学校は本校を抜いた値です。

入学時諸経費奨学金(貸与型)

貸与額  150,000円(無利子)

<出願資格>
1.神戸総合医療専門学校の入学予定者であること。
2.経済的理由により入学時の教科書代等諸経費の支払いが困難であること。
※2019年2月下旬より随時審査を行うため、2019年3月の入学試験受験者は対象外とする。

<返済方法>
返済開始は、入学年度の10月からとし、その後1年以内に完済すること。
臨床工学専攻科の入学生については、入学年度の2月までに完済すること。

<募集時期>
2019年2月下旬
詳しくは事務局 078-795-8100 までお問い合わせください。

神戸総合医療専門学校奨学金(給付型)

給付額  200,000円(年度毎最大15名)

<出願資格>
1.神戸総合医療専門学校の在校生であること。
2.勉学の意欲を持ち、成績、人物ともに優秀であること。
3.経済的な理由により就学が困難であること。

<募集時期>
毎年2月に在校生に対して募集をかけ、審査後に給付者を発表する。

兄弟・姉妹・親子特別入学制度

以下の項目に該当し、この制度を利用される場合は、入学願書に必要事項を記入し、戸籍謄本のコピーを同封した上で出願してください。

・志願者の両親のいずれか、または兄弟姉妹が神戸総合医療専門学校を卒業または在籍している場合
・同年度に兄弟・姉妹が入学する場合(この場合は2人目以降が該当します。)

※親子特別入学制度と兄弟・姉妹特別入学制度の併用はできません。
また、その他の学費減額制度との併用はできません。

本制度利用者は入学金免除

兄弟・姉妹・親子特別入学制度 利用者の声

診療放射線科2年 宮河 麗奈さん(愛媛県立宇和島南中等教育学校出身)
私がKCCを知ったのは、姉と親戚がKCCの卒業生だったからです。2人から学習環境や国試対策、実習の豊富さ、学費の安さなどを聞いていたので、入学を決めました。
「兄弟・姉妹・親子特別入学制度」を利用したおかげで、入学金も免除になり、親の負担を減らすことができました。
これからもしっかり学んで多くの知識を積み、将来は患者さんや医療関係者の方々に信頼される診療放射線技師を目指します。


サンプル画像

日本学生支援機構奨学金制度


本校へ入学後、日本学生支援機構奨学金制度に応募することができます。
奨学金は、第一種奨学金〔無利子貸与〕と第二種奨学金〔有利子貸与〕の2種類があります。※日本学生支援機構奨学金制度は、高等学校在学中に予約採用の申込みができます。詳しくは高等学校にお問い合わせください。
第一種奨学金〔無利子貸与〕第二種奨学金〔有利子貸与〕
貸与金額自宅通学者2万円/3万円/4万円/5万3千円2万円~12万円
自宅外通学者2万円/3万円/4万円/5万円/6万円
初回基本月額に、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円の利息付奨学金を増額して貸与する入学時特別増額貸与奨学金制度があります。(希望者のみ、条件あり)
貸与始期4月4月~9月の間で希望する月
貸与期間貸与始期から修業年限の終期まで
貸与利率無利息利率(年3%上限)とし、貸与終了後に決定します。
利率算出方法は「利率固定方式」及び「利率見直し方式」より選択します。
在学期間中に返還した場合は無利息です。

日本学生支援機構奨学金制度 利用者の声

作業療法士科3年 高田 壮さん(兵庫県立舞子高等学校出身)
親の負担を少しでも減らしたいと思い、奨学金を利用しました。貸与額などは返済計画を立て、親と話し合いながら決定。その結果、アルバイトの時間が減らせて、学業に専念できています。
また返済があることで「自分のお金で学んでいる」という責任感が生まれましたね。もし、金銭面で進学を迷っている方がいるなら、自分への先行投資だと思って、ぜひ奨学金を受けて学んでください。
サンプル画像

国の教育ローン(日本政策金融公庫)

日本政策金融公庫が行っている教育ローンです。
入学が決まる前から事前に申込みができ、日本学生支援機構の奨学金と重複して利用できます。
融資額学生1人につき350万円以内
申込人融資対象学生の保護者で、世帯の年間収入が下記の金額以内の方

子供の人数が1名の場合:給与所得者790万円以内 事業所得者590万円以内
子供の人数が2名の場合:給与所得者890万円以内 事業所得者680万円以内
子供の人数が3名の場合:給与所得者990万円以内 事業所得者770万円以内
※子供の人数は扶養している人数です
返済期間15年以内(交通遺児家庭または母子家庭の方は18年以内)
返済方法毎月元利均等返済(ボーナス月増額返済も可能)
在学期間内は利息のみのご返済とすることができます。(元金据置期間はご返済期間に含まれます)
お問い合わせ先教育ローンコールセンター TEL 0570-008656
営業時間 月~金9:00 ~ 21:00 土曜日9:00 ~ 17:00
※日曜日、祝日、年末年始(12 月31 日~ 1 月3 日)は利用できません。

専門実践教育訓練給付金制度


本校 視能訓練士科・言語聴覚士科・臨床工学専攻科は「専門実践教育訓練給付金制度」の指定を受けています。
(視能訓練士科は平成31~33年度入学生が対象)
(言語聴覚士科と臨床工学専攻科は平成30~32年度入学生対象)

専門実践教育訓練給付金制度とは、働く人の能力開発、キャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職を促進することを目的とする雇用保険の給付制度です。一定の条件を満たす雇用保険の一般被保険者(在職者)または一般被保険者であった方(離職者)が、厚生労働大臣の指定を受けた専門実践教育訓練講座を自己負担で受講し修了したときに、教育訓練経費の一定割合(上限あり)がハローワークから給付金として支給される制度です。

専門実践教育訓練給付金制度を利用すると、教育訓練経費(入学金・授業料・実験実習費)の50%(年間上限40万円)にあたる給付を受けることができます。また、訓練の受講修了(卒業)日から1年以内に国家資格を取得し、雇用保険の一般被保険者として雇用された場合または雇用される場合には、さらに20%の追加支給を受けることもできます。

〈本校 視能訓練士科の場合の支給例〉

見出し

〈本校 言語聴覚士科の場合の支給例〉

見出し

〈本校 臨床工学専攻科の場合の支給例〉

見出し

受給資格
専門実践教育訓練に対する教育訓練給付金の支給対象となる方は以下の①または②のいずれかに該当する方です。
① 受講開始日前日までに通算して3年以上の雇用保険の一般被保険者期間を有している方。初めて受給する場合は、2年以上の雇用保険の一般被保険者期間を有している方。
② 平成26年10月1日以降に教育訓練給付金は受給したことがある場合、前回の教育訓練給付金受給日から今回受講開始までに3年以上経過している方。

※詳しくはご自分の住所を管轄するハローワークにてご確認ください。
  なお、ハローワークでの手続きは、原則として受講開始日(本校入学式)の1ヶ月前までに終えておく必要がありますので、ご注意ください。



「教育訓練支援給付金」

〈 受給資格 〉
初めて専門実践教育訓練を受講する方で、受講開始時に45歳未満など一定の要件を満たし、失業状態にある方。

〈 支給額 〉
教育訓練支援給付金の日額は、原則として離職する直前の6か月間に支払われた賃金額から算出された基本手当(失業給付)の日額に相当する額の80%になり、2か月ごとに給付されます。

〈 支給期間 〉
教育訓練支援給付金は、原則として専門実践教育訓練を修了する見込みで受講している間はその教育訓練が終了するまで給付を受けることができます。

※「専門実践教育訓練」を含む「教育訓練給付制度」の詳細については、厚生労働省およびハローワークのWebサイトをご覧ください。

視能訓練士科の学科紹介はこちら
言語聴覚士科の学科紹介はこちら
臨床工学専攻科の学科紹介はこちら
資料請求
オープンキャンパス
平日学校見学
交通アクセス