開催日時

5月21日(金)18:00~20:00

本校では、社会人・大学生・短大生の方を対象とした進学相談会を、神戸勤労会館等で開催しています。
当日は、入学試験、授業内容、就職状況、学費などについて何でもお答えします。
興味をお持ちの方は、ぜひご参加ください。

※ご参加いただいた方には、ホームページ過去問題集ページの閲覧用 ID・パスワードをお渡しします!

会場

神戸勤労会館

兵庫県神戸市中央区雲井通5丁目1-2 306号室

●電車でお越しの方
 神戸市営地下鉄・JR・阪急・阪神・ポートライナー各三宮駅から東へ徒歩5分

●お車でお越しの方
 阪神高速「生田川」インターチェンジ(IC)を出て、北向き三宮方面へ約5分。
 駐車場はありませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。(有料)

神戸会場 アクセスマップ

社会人の割合が多いんです!
全校生徒の約20%が社会人・大学生・短大生

神戸総合医療専門学校は再進学者を応援します。全校生に対し、元社会人・大学生・短大生の入学率が約20%で5人に1人が再進学者です。この高い入学率は、入学した方にとって学校生活を送りやすい環境であることを表しています。また、母体が病院という学習環境や卒業生の活躍による高い就職率が、再進学の場として選ばれている理由です。

※言語聴覚士科は、約88%が再進学者です。

※本校 視能訓練士科・言語聴覚士科・臨床工学専攻科は「専門実践教育訓練給付金制度」の指定を受けています。

詳しくはこちら

神戸総合医療専門学校に再進学した
先輩の声を聞いてみよう!

言語聴覚士科1年
鵜木 正博(前職 制作会社)

Q.再進学しようと思ったきっかけは?
A.大学卒業後に社会人を経験しましたが、将来に不安を感じて退職。色々悩んでいた時に思い浮かんだのが、大学時代にお世話になった医療スタッフの方でした。私はすぐに医療を専門的に学べるKCCのオープンキャンパスに参加。言語や聴覚などに不自由がある方を支える言語聴覚士に惹かれ、言語聴覚士科への入学を決意しました。

Q.実際に入学してみていかがですか?
A.自ら「なりたい」と思える職業に出会い、その道を志せるという喜びを感じると同時に、今まで触れたことのない医療系の勉強についていけるか不安もありましたが、そんな心配は一切無用。先生方が言語聴覚士の基礎からきめ細かく指導してくれるため、安心して取り組めています。

Q.最も印象に残っている授業とは?
A.失語症の方との対話会です。自身の障害を受け止め、前向きに生きることを笑顔で語る姿に胸を打たれ、私も頼りになる言語聴覚士になりたいという気持ちがより強くなりました。

Q.再進学を考えている皆様へメッセージを。
A.再進学はとても勇気が必要なことですが、学びのスタートラインと、言語聴覚士になりたいという志はみんな同じ。ぜひ勇気を振り絞って、夢への第一歩を踏み出してください。

臨床工学科3年
井川 慎也(前職 医療機器商社)

Q.再進学しようと思ったきっかけは?
A.以前は医療機器の商社で営業として働いていましたが、取引先の医療現場で働く方々の姿 を見ているうちに「自分も現場で働きたい」との想いが強くなっていったのがきっかけです。特に、臨床工学技士の方とは前職で関わる機会が多く、めざすなら臨床工学技士だと決めていました。もちろん経済的な不安もありましたが、それ以上に臨床工学技士になりたいという気持ちが勝り、地元神戸のKCCへの入学に踏み切りました。

Q.実際に入学してみていかがですか?
A.まず驚いたのが、再進学者の多さです。私のような社会人経験のある学生も少なくはなく、年齢を気にする心配もありませんでした。むしろさまざまな経験をしてきた学生と交流することが楽しく、想像以上に早く打ち解けることができました。

Q.最も印象に残っている授業とは?
A.基礎科目の応用数学と応用物理です。大学までは文系の分野を学んでいたため難解な内 容に相当苦労しましたが、理系が得意な年下の同級生に勉強を教わりながら、必死に食ら いついたことは忘れられない思い出ですね。

Q.再進学を考えている皆様へメッセージを。
A.年齢に関係なく、刺激を受けられるのはKCCならではの魅力です。常に高いモチベーショ ンを保ちながら学べる環境が整っています。

学科別 社会人・大学生・短大生の
入学率

お電話でのお問い合わせ078-795-8000受付時間 9:00-17:00 [ 土・日・祝日除く ]

Webページからのお問い合わせ