警報発令時・交通機関の運休時の授業の取扱いについて

暴風警報・大雨警報・洪水警報等発表時の授業の取り扱い

警報発表時の対応については、下記の通りです。

1.神戸市内へ警報が発表された場合は休講となります。
2.居住地及び通学経路の市町村に警報が出た場合は、公認欠席扱いとします。
  既に登校している場合は、今後の交通機関の運休が考えられますので、
  公認欠席扱いとして早めに帰宅するように努めてください。
3.授業中に警報が発令された場合は、状況に応じて適切な処置をとります。
4.警報による休講判定時刻は以下の通りです。
    ○午前7時までに解除されたときは、平常どおり授業を行います。
    ○午前10時までに解除されたときは、午後の授業を行います。
    ○午前10時までに解除されないときは、終日休講とします。
    ※気象状況については、気象庁ホームページ及び本校ホームページにて確認してください。

交通機関の運休時の授業の取り扱い

交通機関が運休時の授業の取扱いは、下記の通りです。

次の1~3のいずれかの交通機関がストライキ、事故等により運休となった場合の授業は、原則として行いません。
1.神戸市営地下鉄が運休
2.JR西日本、阪急電鉄、阪神電鉄の3社が運休
3.JR西日本、山陽電鉄の2社が運休
運行が再開された場合の授業の取扱いについては以下の通りです。
   ○午前7 時までに運行が再開されたときは、平常通り授業を行います。
   ○午前10時までに運行が再開されたときは、午後の授業を行います。
   ○午前10時までに運行が再開されないときは、終日休講とします。