感染症に罹患したときの取扱い

 学校保健安全法及び学校保健安全法施行規則に定める感染症に罹患した場合、 又はその疑いがある場合は登校せず、すみやかに医療機関で受診し、その結果を 学科又は学生支援係まで電話連絡すること。治療後に登校するときは、登校許可証明 書又は診断書等が必要である。但し、証明書が発行されない場合は、担当医師に 感染の恐れがなく登校に支障がないことを確認すること。この場合の欠席は公認 欠席扱いとする。


《 学校保健安全法施行規則第18条に規定される感染症 》

第1種 エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がSARSコロナウイルスであるものに限る。)及び鳥インフルエンザ(H5N1型、H7N9型)、中東呼吸器症候群(MERS)、新感染症、指定感染症✽✽
✽人から人に伝染する感染症で、既知の感染症とは症状等が明らかに異なり、伝染力および罹患した場合の重篤性から、危険性が究めて高い感染症。第1種感染症に準じた措置を講じる。
✽✽1~3類に分類されない既知の感染症で、第1~3種に準じた対応の必要性が生じた感染症(政令で指定、1年限定)。状況によって第1~3種感染症に準じた措置を講じる。

第2種 インフルエンザ(鳥インフルエンザを除く)、百日咳、麻疹(はしか)、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、風疹(三日はしか)、水痘(水ぼうそう)、咽頭結膜熱(プール熱)、結核、髄膜炎菌性髄膜炎

第3種 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の伝染病


【第1種とは】特殊なもの。国内で生活する中での感染の心配はない。
【第2種とは】放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある飛沫感染する感染症。
【第3種とは】飛沫感染が主体ではないが、放置すれば学校で流行が広がってしまう可能性がある感染症。