診療情報管理士科
専門性の高い医療情報管理のプロを育てる
病院で診療時に作成されたカルテや検査記録を管理し、さまざまな情報ファイルを分析し、医療現場に提供するのが診療情報管理士の仕事です。診療内容をチェックし、医師や看護師などの求めに応じて患者さんの手術記録や看護記録を検索し、情報提供をするため、専門的な医学知識が必要になります。医学から情報処理、ITまでの幅広い知識とスキル、そして各種の専門資格が必要となる職種です。病院経営の資料提供など、今後の医療現場で担う役割も大きく、診療情報管理士への期待は高まっています。
■取得資格:診療情報管理士認定試験受験資格 
 医師事務作業補助者(ドクターズクラーク)認定試験受験資格

■目標資格
診療報酬請求事務能力認定試験 ・ 医療事務管理士 ・ 医事コンピュータ技能検定 ・ 医療秘書技能検定 ・
秘書技能検定 ・ ITパスポート ・ コンピュータサービス技能評価試験(ワープロ/表計算) ・ 調剤事務管理士

Q.診療情報管理士ってどんな仕事?

A. 的確で迅速な情報提供で医療現場を支える仕事です。

カルテなどの診療録を収集して点検・管理

カルテ(診療録)に書かれた、検査や治療内容、医学用語の間違いなどをチェック。医師や医療スタッフに確認・効率的に管理することで、医療の質の向上に繋げます。

診療情報を正確なデータにまとめて管理し、医療現場へフィードバック

医師や医療スタッフが書いたカルテから抽出された診療情報を分析。情報の正確性を確認しつつデータベースを構築し、医療の現場にフィードバックすることで、質の高い医療に貢献します。

病名などを分類(コーディング)

世界保健機関(WHO)が管轄する国際的な基準に基づき、病気を分類する「コーディング」作業を行います。これにより、画一的な基準でのデータ管理、正確な統計、分析が可能に。病院経営や医療の研究、改善に欠かせません。近年、DPC/PDPS(診断群分類包括評価)の導入や電子カルテの普及、カルテの開示の法制化(予定)のため、診療情報管理士がさらに必要とされています。
診療情報管理士の仕事

神戸総合医療専門学校 診療情報管理士科だからこその4つの強み!

実務経験豊かな講師陣!

母体病院である新須磨病院の医師をはじめ、実務経験豊かな講師陣が講義を担当しています。
強み1

資格取得が最短コース!

一般社団法人 日本病院会の指定校に認定されている本学科は、卒業と同時に診療情報管理士受験資格を最短期間(3年)で得ることができます。
強み2

人間性の豊かさを磨く!

患者さん一人ひとりに合わせた対応が求められる医療現場では、豊かな人間性とホスピタリティが必要です。本学科では、医療接遇や手話、心理学などを通じ、臨機応変に対応できる人材を育成します。
強み3

兵庫県東部で唯一の学科!

兵庫県東部において、本校が唯一の診療情報管理士養成校です。総合病院や診療所(クリニック)など、さまざまな医療機関で活躍できる即戦力を養成しています。
強み4

教師からのメッセージ

専任教員 小野万琴
これからの病院経営には医療情報の活用が欠かせません。まだ、知名度の低い職種ですが、診療情報管理士が担う役割は大きく、今後ますます必要とされる仕事です。あなたも情報管理のプロとして、診療情報管理士を目指しませんか?

診療情報管理士科 専任教員  小野 万琴

授業紹介

パソコン実習

サンプル画像1
各種アプリケーションソフトウェアの詳細な機能を学習し、コンピュータサービス技能評価試験(中央職業能力開発協会)の資格取得を目指します。

データベース技術

サンプル画像2
医療に関する大量のデータをどのように扱うか等、「データベース」に関する知識・技能を講義と演習で学びます。

病院実習

サンプル画像1
神戸市内で電子カルテを最初に導入した新須磨病院をはじめ、さまざまな病院で経験豊富な専門家の指導のもと、病院実習を行います。

電子カルテ

サンプル画像2
教育用電子カルテシステムを用いて操作方法から電子カルテを構成するさまざまな情報技術まで総合的に学習し、専門知識と技術を身につけます。

学びのステップ[カリキュラム]

1 年次

医事コンピュータやパソコン実習など専門的かつ仕事と直結する学習を、演習を交えながら習得します。

2 年次

専門科目を実習中心に学び、医療秘書技能検定や診療報酬請求事務能力認定試験など、多くの資格を取得するための対策授業も行います。

3 年次

診療情報管理士の試験を受けるための補習的な学習を中心にカリキュラムを組み、受験態勢を整えた上で試験に臨みます。

学外授業・臨床実習

神戸市内で、電子カルテを最初に導入した新須磨病院(本校の母体病院)をはじめ、さまざまな病院で学外実習を実施!

学外実習は、診療情報の管理やコーディング、データ分析など、医療現場を実体験できる貴重な機会です。また、診療情報管理士として働いている先輩から、仕事のやりがいや苦労など、さまざまな話を聞くチャンスでもあります。学外実習を通じて、実際の業務の流れや、他の医療従事者との連携など、教科書だけでは学べない実践的な知識と技術を習得します。
 
主な学外実習(臨床実習)先一覧
◆ 新須磨病院 
◆ 神戸掖済会病院 
◆ あさぎり病院
◆ 西神戸医療センター 
◆ 舞子台病院 
◆ 三菱神戸病院
◆ 明石医療センター 
◆ 神戸中央病院
◆ 姫路聖マリア病院
◆ 高砂市民病院 
◆ 伊月病院 
◆ 公立神崎総合病院  他

学外実習スケジュール
2年次  3月  病院見学実習
3年次   6月  学外実習に向けて準備
3年次   7月  学外実習開始
3年次  8月  学外実習終了


資料請求
オープンキャンパス
平日学校見学
交通アクセス